緑を増やすプロジェクト


ブラフ99イングリッシュガーデン全景

横浜地方気象台の屋上より撮影

http://www.jma-net.go.jp/yokohama/


”BLUFF 99 GARDEN” 2016

2014年4月に開園して2年目の春を迎えた山手のイングリッシュガーデンに

彩どりのばらが次々と開花しています


元町公園花壇の植栽

山手本通りの沿道緑化事業の一環として

元町公園の一角にある植桝に季節を彩る花を飾る補植と新規植栽を2015年10月22日午前10時と午後4時、11月16日午後4時に行いました。 

 この活動には、植栽のプロである株式会社サカタのタネの技術者の親切丁寧な指導により、土壌の整備、堆肥の配合、球根の植え込みなどによる実技習得を行います。

 

 ボランティア活動の実践と勉学する山手地区の環境整備にご協力頂きました。

横浜インターナショナルスクール

Yokohama International School Elementary

15名の児童を越部先生が連れてきてくださいました

さあ植えてみましょう

先生と植えたお花に水をあげます

最後にサカタのタネさんからお花の種をもらいました

お花の植え方を教わり みんな素直に聞いています

中心に球根を植えます

順番に水を撒いています


10月も下旬に入っているのにやぶ蚊がたくさん出没して皆が刺されてしまいましたが「かゆい~」と言いながらも植栽を楽しんでくれて、かわいい笑顔と優しい心にとても癒されました。

先生方ありがとうございました。


横浜雙葉学園

2015年11月16日

木の根元に水仙の球根を植えました

花壇が出来上がってきました

仕上げにたっぷりと水をあげます

肌寒くなってきた時刻にも土にまみれて植栽していただきました

雑草が生えないようにヤシの木のチップを撒きます

風呂桶一杯分をあげるのだそうです


笑顔が素敵な雙葉学園の高校一年生の生徒さんたち

大木事務局長と丸山先生ご協力ありがとうございました。

 

2015年10月22日

横浜雙葉中学校から7名の生徒さんが参加してくださいました

山手のガーデンアドバイザーも参加してくださいました

2か所に分かれて植栽を行いました


人手が足りないので急きょ大木事務局長もスーツで参加していただきました


午前中の暑さに比べ午後4時になると肌寒くなっていて、他の生徒たちが下校する中を声援を送られんながら参加していただいた7名の生徒さんたち最後に明るい笑顔が素敵でした。

大木事務局長と丸山先生に感謝申し上げます。ありがとうございました。



活動の軌跡

2015

山手本通りは、日本道路百選に選ばれた山手の誇りです。

山手のみどり会活動では、多くの観光客が訪れる山手本通りを対象とした沿道緑化を4つのプロジェクトの一つとして、沿道にお住まいの方々にご協力をお願いして参りました。


山手本通り沿道緑化第1号完成

横浜雙葉学園正門

沿道緑化第1号として横浜雙葉学園様のご理解・ご協力を頂き、平成27年2月に、正門の花壇整備と、プランター配置などが完成いたしました。

Before

After

 

❧❧❧❧❧❧❧❧❧❧❧

助成の主な内容

1. 設   計 : 全額助成

2. 施工管理 : 90%助成

❧❧❧❧❧❧❧❧❧❧❧


横浜雙葉学園 シスター田中順子 学園長


山手まちづくり推進会議山手のみどり会の皆様には、日頃から、大変お世話になっておりまして、この話を頂いたときも、出来る限り協力したいと思いました。

学園には、樹木は多いのですが、草花はあまりなく、何とかしたいと考えておりました。

今は、美しい草花を植えていただき、朝夕通るたびに心なごむ思いで、みとれております。

児童生徒、教職員が楽しむだけでなく、山手通りを歩かれたり、車やバスで通っていく人たちにも、うるおいを与え、なごやかな気分になられるのではと喜んでおります。本当にありがとうございました。



山手の豊かな緑のシンボル:景観木の登録と維持管理

平成27年3月現在52本登録


山手のみどり会では、緑被率40%を超す山手地区の豊かなみどりを保全・育成するシンボルとして、山手のみどり会会員が選んだ景観木候補樹木を基に、各所有者にご理解・ご協力をお願いし、樹木医による診断と、樹木医の処方箋に基づく維持管理などを進める景観木保全プロジェクトを展開しています。

各所有者のご理解・ご協力によって登録した景観木本数は、平成25年度47本、平成26年度登録樹木は、聖公会とブラフクリニックの6本で、累計53本に及んでいます。しかし、候補樹木(約300本)からみますと、登録割合は2割弱に留まっている状態です。これまで候補樹木所有者の登録を躊躇するご意見に、例えば“登録すると、剪定とか、移植などの際に、行政への届出手続きや、助成金を受けることでの制約などが煩わしい”が多かったです。

山手のみどり会では、こうした心配や不安がないよう努めますので、ご理解とご協力をお願いいたします。


平成25年度登録樹木の維持管理状況


維持管理は、景観木の保全と育成に資するため、樹木医提案の処方箋に基づき、消毒剤・肥料の散布や、良好な景観を維持するための剪定などを行います。25年度に登録した樹木は46本ですが、この内維持管理が行われた樹木は、8本2割弱に留まっています。この原因は、各所有者が長年維持管理を任せてきた植木屋さんが横浜市登録業者ではないため、対象にならないと誤解されていることなどが想定されます。実際には横浜市登録業者ではなくとも問題ありませんので、27年度には是非お申し出くださいますようお願いします。

所有者 樹種 本数
横浜インターナショナルスクール サクラ
 山手十番館  シイノキ
メゾン山手 ヒマラヤスギ


※横浜インターナショナルスクールのサクラは、枝葉が枯れ落ちた時期の消毒治療が必要なため、写真掲載は省略しております


山手十番館 シイノキ剪定前

メゾン山手 ヒマラヤスギ剪定前

山手十番館 シイノキ剪定後

メゾン山手 ヒマラヤスギ剪定後


平成26年度登録樹木

山手聖公会 ヒマラヤスギ

登録樹木は、山手発祥の樹木であるヒマラヤスギに続き、サクラが多く、この2種類が過半数を占めています。

樹種に関しては、14種類です。

ザ・ブラフ・メディカルクリニック

ヒマラヤスギ

樹種 本数
 ヒマラヤスギ  16
サクラ 15
シイノキ 7
クスノキ 3
タブノキ 2
その他 9


2014

 山手地区の大きな特色は文教地区であるということです。

 山手で学ぶ学生達がボランティア体験として参加し、山手の緑の保全と育成に貢献していただいています。

 みどりを守り、育てる活動の輪が広がっています。


横浜雙葉学園の生徒たちによる植栽活動

  

 山手本通りの沿道緑化で元町公園にある花壇の植栽活動に横浜雙葉学園の生徒たちが参加してくださり、土まみれになりながら一生懸命に植えてくださいました。


横浜インターナショナルスクール

 横浜インターナショナルスクールの生徒たちも山手西洋館234番館の植栽活動に参加して土まみれになって植えてくださいました。


 横浜を代表する会社サカタのタネの技術者の方が素晴らしい英語力で丁寧に説明してくださいました。

皆で植えたお花がきれいに完成しました。

毎年新規に植栽を行いますので参加をよろしくお願いします。